20210117 人を汚すもの マタイ15:10~20

◆天の父が植えなかった木・・・1~9節で主イエスは、イザヤ書29章の言葉を引用してパリサイ人の在り方を非難しましたが、この結果パリサイ人が腹を立てていると弟子たちは主に伝えました。これを受けて主は「彼らは天の父が植えた木ではない」と言います。これもまたイザヤ書に関連する言葉です。イザヤ書60章21節、61章3節を見ると、イスラエルの民は神に植えられたものと語られています。ですからパリサイ人たちは、たとえ他国の支配を受けたとしても、自分たちこそ「神に植えられた者」であるという自負の心に生きたのです。しかし主は、彼らの在り方について非常に厳しく非難されます。何故なのでしょうか。

◆聞いて悟りなさい・・・パリサイ人たちは、決していい加減な信仰の持ち主ではありませんでした。神の御言葉である律法を大切にして生きようとしたのです。そう考えると「彼らは天の父が植えた木ではない」との主の言葉は、厳し過ぎるように思えます。しかし主イエスは、「今の在り方は違う」と言われるのです。彼らは神が植えて下さった木を自分で引き抜いて、それを自分で植え直すように生きていました。そのようにしてパリサイ人は神との関わりを失っていたのです。

◆盲人の手引き・・・パリサイ人とて、日々の生活に於いて人との関わりは避けることはできません。その関わりの中には「異邦人」も「取税人」もいたのです。そこで得た汚れを浄めるため、彼らは懸命に手を洗ったのですが、主はそのような在り方について「盲人の生き方だ」と言われるのです。パリサイ人を非難する中で、主は「私の天の父が」と言っていますが、このような神との関わりが、彼らには見えなかったのです。律法についてどれ程詳しくても、その戒めを与えてくださった神との関わりを忘れる時に、人の心の目は見えなくなるのです。

◆人を汚すもの・・・主は16節以下で「人を汚すもの」について教えておられます。ここで主イエスは、ハッキリと「問題は心だ」と言われるのです。「悪い考え、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、ののしり」と言うことは、「父母を敬え」という十戒に関連するものです。これらはパリサイ人にとって「守って当たり前」のことでしたが、主はこうした戒めをあげながら、あなたの心が曲がっているから、罪人や取税人と一緒に生きられないではないかと言われるのです。

◆弟子の足を洗う主イエス・・・どうしたら私たちは、神の御前に聖くあることができるのでしょう。ヨハネの福音書13章にそのヒントがあります。主は最後の晩餐の席で、弟子たちの足を洗われました。弟子たちには、この行為の意味が分かりませんでしたが、後に彼らは知りました。弟子のヨハネは後に、「御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます」(Ⅰヨハネ1:7)と言っています。主は私たちの罪を聖めるため、仕える者となってくださいました。それはキリストの十字架の贖いを示すもの以外の何ものでもありません。このキリストの血によって のみ、私たちの罪は聖められるのです。それ以外にはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA