20201220 失敗したクリスマス ルカ2:1-7

◆飼い葉おけのキリスト・・・7節によるとヨセフとマリヤは、生まれた主イエスを「布にくるんで、飼葉おけに寝かせた」と記されています。ここから主イエスは家畜小屋で生まれたと見られるわけですが、それは宿屋に居場所を見つけることができなかったからでした。そして、生まれて間もない主イエスを、最初に祝ったのは、ユダヤ人たちが軽蔑したといわれる羊飼いたちでした。宿屋に居場所がないヨセフとマリヤ、家畜の餌箱に寝かされた神の御子、人々から軽蔑された羊飼い、このような人物たちを巡るクリスマスを見るとき、神はこの世の中で小さなものを愛し、隅に追いやられている者たちを大切にしておられことが分かります。

◆宿屋はいっぱいでした・・・ひとつの物語を紹介しましょう。主人公はウォリーと いう男の子です。勉強が苦手なウォリーは自分より年下のクラスで過ごさなければなりませんでした。毎年クリスマスには学校で降誕劇が行われますが、その年ウォリーは宿屋の主人の役をもらいました。劇が始まり、いよいよウォリーが登場する場面が来ました。ヨセフとマリヤが「泊まるところを探しているのです」と言うと、ウォリーは練習した通りに「どこかほかを探しな。宿屋はいっぱいだよ」と言いました。「妻は、おなかに赤ちゃんがいるので、休まなくてはなりません。とても疲れていますから」というヨセフの声を聞いたとき、ウォリーの様子が変わりました。台本の通りにヨセフがマリヤの肩に手をまわして、その場を去ろうとしたとき、それを見つめるウォリーの顔はこわばり、目にいっぱいの涙が溢れているのが、みんなにも分かりました。「ヨセフ、行かないで」とウォリーは大きな声で叫んだのです。「マリヤを連れて戻っておいで」そして、ウォリーは言いました。「ぼくの部屋に来ていいよ」。

こういうわけで、その年のクリスマス降誕劇は台無しになってしまいました。ウォリーは宿屋の主人の役を失敗したのです。しかし、それは本当に失敗だったのでしょうか。「あんたたちに部屋はないよ」、これが宿屋の主人の正しいセリフでした。「行かないで、戻っておいで、ぼくの部屋に来ていいよ」、それは宿屋の主人の正しいセリフではありません。けれどもそれは、愛にあふれた正しい言葉であったのです。

◆クリスマスのメッセージ・・・イエス・キリストは家畜小屋で生まれました。美しい物語のように語られることがありますが、よく考えればちっともいい話ではありません。家畜の餌箱に赤ちゃんが寝かされるなんて、ちっともいい話ではありません。長い旅の末に疲れ果てた者たちを、迎え入れる宿屋がなかったなんて、ちっともいい話ではありません。羊飼いであれ何であれ、仕事や身分で人が軽蔑されるなんてちっともいい話ではないのです。それは、私たちが生きる今の時代にもある話です。そのようなところに、神は御子イエスを送って下さいました。ここに神の愛は明らかにされました。これがクリスマスのメッセージなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA