20171112 パウロとモーセの律法 使徒21:17~26

ユダヤ人クリスチャンの誤解(17-21)・・・エルサレムに到着したパウロ一行 は、兄弟たちの歓迎を受け、翌日エルサレム教会の指導者ヤコブと長老 たちを訪問しました。恐らく、異邦人教会からの支援金はここで渡され たのでしょう。こうしてパウロは第三回伝道旅行の1つの目的を達しま すが、このとき、長老たちはユダヤ人クリスチャンたちがパウロに対し て抱いている1つの誤解を伝えます。それはパウロが「「子供に割礼を 施すな。慣習に従うな」と律法に背くよう教えているというものでした。

◆誤解を解くための提案(22-26)・・・これはあくまでも「誤解」であること を、ヤコブも長老たちも理解していました。しかし、パウロの教えを 巡って(例・ガラテヤ5:2-4)、ユダヤ人が躓きを感じていたことは事 実でした。そこで長老たちは、請願を立てた四名の清めの儀式に同行し、 その費用を持つことで、パウロが律法を尊重していることを証明するよ うに提案し、パウロはこの提案を受け入れます。しかし、ここで問題に なるのは、救いは律法の行いによるのでなく、イエスへの信仰によると 教えるパウロが、なぜ誓願に参加したのかということです。

◆パウロの判断の原則・・・こうした自身の判断について、パウロは「私は だれに対しても自由ですが、より多くの人を獲得するために、すべての 人の奴隷となりました。」と言い、また「私はすべてのことを、福音の ためにしています。」とも言います(Ⅰコリント9:19-23)。これが パウロの判断の原則です。彼は赦された者として許された自由を、 「人々の救いのため・福音のため」に用いることを願います。

◆自由の用い方・・・私たちもパウロ同様に、イエスへ信仰により自由とさ れた者ですが、この自由を主の喜ばれるよう用いるために、パウロは 「愛によって働く信仰」(ガラテヤ5:4)ということを勧めています。 クリスチャン同士でも、考え方や判断には微妙な違い があり、そうした違いが、誤解や意見の衝突につながる こともあり得ます。そのような時に、私達の言動が「愛 によって働く信仰」から出るものなのかを、立ち止まっ て考える習慣を、お互いに身に着けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA