20160605 異邦人コルネリオの救い 使徒10:1-16 

「邦人」とは自分の国の人、つまり私たちにしてみれば日本人を指す言葉として用いられますので、「異邦人」とは外国人ということになります。以前に比べて、私たちは街中で日本人でない人を見かける機会も多くなりましたが、そうした人をみて「異邦人だ」とは言いませんので、外国人と異邦人は意味として重なる部分もありますが、やはり異なるニュアンスを持つ言葉です。聖書に見る「異邦人」という言葉は、アブラハムを祖先とするイスラエル民族以外の人を指すことばです。神はご自身の祝福の器としてアブラハムを選び、またアブラハムの子孫としてイスラエル(ユダヤ人)を神の民とする契約を結ばれました(出20)。それは、神がアブラハムに「あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。(創世記12:2b-3)」と語られた通り、イスラエル民族を通してすべての民が祝福されるためであり、この祝福はイエス・キリストの十字架と復活に繋がってゆくものです。しかし、このような意識が「選民思想」に繋がってゆきました。ここで選民思想を詳しく説明する時間はないのですが、英語ではelitism(イリティスム)といいます。これはフランス語のエリートという言葉からくるものです。ユダヤ人にとって、自分たち特別な存在と思う意識は、旧約聖書に明記された契約と立法の根ざしたものでしたら、こうした意識の壁を打ち破ることは、私たちが思う以上に困難なことであったと思われます。このようなイスラエル民族と異邦人との間に立ちはだかる壁を打ち破り、すべての人に福音が届けられると言うことこそ、使徒の働きの最も重要なテーマーと言えるでしょう。

1)コルネリオの救いの記録

  • コルネリオはイタリヤ隊(イタリヤ人によって構成だれた部隊)の100人隊長おして、カイザリヤに異邦人でした。彼は異邦人改宗ではありません(割礼を受け、律法を守る)が、彼も彼の家族も神を恐れて、ユダヤ人に好意を寄せて、神を礼拝する人でありました。(1-2)
  • ユダヤ人は1日に3回 9時、12時、3時の祈りを大切にしました。コルネリオもこの習慣に倣って祈りの時間を大切にしていました。ある日、午後3時の祈りの時間に、彼は幻の中で神様が送られた御使いを見ました。御使いはコルネリオに、ヨッパの街に人を送って、そこにいるシモン・ペテロという人を呼んできなさいと言いました。
  • その次の日、コルネリオが送った二人の人がヨッパの街の近くまで来たとき、ペテロも宿泊していたシモンの家の屋上で12時の祈りをするときに、幻を見ます。
  • 幻の中でペテロは、吊るされた布のような入れ物に入れられた動物を見ます。
  • その中には四本足で歩くたくさんの動物、這うものや鳥が入っていました。神はこれらの動物をほふって食べなさいとペテロに命じます。
  • ユダヤ人は律法に従って、ラクダや岩たぬき、ウサギや豚、その他、ヒズメの分かれていない動物は「汚れたもの」としてためませんでした。布の中にはこうした動物の姿もあったのでしょう。ペテロは、律法に従って「食べられません」と答えますが、神は「神がきよめたものを、清くないと言ってはならない」といわれました。

その後、コルネリオに送られた二人の使いが来たとき、聖霊がペテロに彼らと一緒に行くように促しますが、続きは次週にしたいと思います。

2)祈りの中で始められた主の御業(2.3.9)

ユダヤ人(へブル人)、イスラエル民族という枠を超えて、キリストの福音が異邦人の世界に伝えられ、彼らが救われてゆくという大変重要な時代の始まりは、コルネリオとペテロの祈りから始まったことに心を留めたいと思います。神は御使いを通してコルネリオに「あなたの祈りと施しは神のみ前に立ち上って、覚えられています(4)」と語られています。同様に、心から神を愛して生きる者の祈りと施し(信仰と愛の表現)はすべて神に覚えられているのです。「祈り」ということを思うときに、やはりジョージ・ミューラーという人が心に浮かびます。彼は幼いころに非行に走り、10歳のころには泥棒をするようになります。言葉巧みに嘘をついては、家族や友人、知人からお金を巻き上げて放蕩生活を続けますが、20歳の時に 友人に誘われて出席した祈り会で回心し信仰に導かれます。彼は祈りの人でした。6つの教会を開拓し、多くの宣教師を支援しましたが、彼の働きで特筆すべきは孤児院の運営でしょう。18世紀の半ばから始まった産業革命によって人々の貧富の格差を広げ、また同時に流行した疫病は、多くの孤児を生み出しました。ジョージ・ミューラーこうした子供たちの支援の重荷を与えられ、孤児院を始めました。30人の孤児を迎えて始まった孤児院は、最も多い時期には3000人に達し、支援した孤児の総数は1万人を超えます。このような規模に拡大した孤児院の運営について、ジョージ・ミューラーは経済的必要を外部に訴えることをせず、ただ信仰の祈りによって孤児を養ったといわれます。彼にまつわる祈りの逸話は数え切れません。ある嵐の朝、彼は400人の子供たちと食卓に着きますが、孤児院には子供たちに食べさする食料がありませんでした。しかし、彼は子供たちと一緒に食前の感謝の祈りをささげると、孤児院の前に馬車が止まり、焼き立てのパンとミルクが届きました。分けを聞くと、近くで行われる予定だったイベントが嵐で中止になり、このままでは廃棄することになるので、子供達に食べてもらいたいとのことでした。

私たちのすべて願いが叶えられることが、祈りが聞かれたということではあないでしょう。主は私たちの願いをNoと退けられることもあります。しかし、私たちが心に留めたいのは、神を恐れるコルネリオの祈りが「神に覚えられている」ことを、神は御使いを通してコルネリオに明らかにしてくださいました。私たちの毎日の祈りもまた、主は心に留めていてくださるのです。主の確かな信頼をもって祈るものでありたいと思います。コルネリオの救いは祈りから始まりました。ジョージ・ミューラーの働きもまた祈りによって支えられました。祈りの人と呼ばれるジョージの祈りは、雷のような激しいものであったかといえば、そうではなく、誰かと一緒に祈るときにも、相手に聞こえるか聞こえないかくらいの小さな声で「子供たちの明日の食べ物をください」と祈っていたといわれます。コルネリオの祈りも毎日三回なされる普通の祈りであったのでしょう。しかし、そのように主に信頼するものの祈りの場から、御業ははじめられました。私たちも毎日の祈りを大切にしましょう。それが只の決まり事にならないよう注意しましょう。何時でもそこから主の御業がスタートすることを期待し、信じて祈りの家を建て上げてゆきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA