20160424 わたしの羊を飼いなさい ヨハネ21:15-19

1)愛の問いかけ

ヨハネの福音書は、20章の最後に福音書が記された目的が述べられ、書としては完結しています。しかし、ヨハネはこれに補足するようにして、後にエルサレム教会のリーダーとして用いられるシモン・ペテロの召命を描いています。ペテロを任命するにあたって、イエスが問われたことはただ一つ、「あなたはわたしを愛するか」というものでした。ギリシャ語において、「愛」を示す言葉は4つあり、そのうちの2つがここで登場します。イエスは三回の問いかけの内、最初のニ回で「アガペー」という言葉を用います。これは、「愛するに値しない者を愛する」という決意を伴う愛、無条件で犠牲を伴う愛を指し示すもので、イエスの十字架につながるものです。この問いに対してペテロは「フィリア」という言葉を用いて答えます。この言葉は友情や友愛という親しい関係を表わす言葉です。アガペーの愛を問われて、フィリアで愛で答える。それは裏を返せば、「私にはアガペーの愛はありません」という告白といえるでしょう。三度の問いかけに対してペテロは、「あなたはいっさいのことをご存じです。」という言葉を加えます、それは、ペテロが三度に亘ってイエスを否認した事を暗に指し示すものです。

2)わたしの羊を飼いなさい

三度のペテロの答えに対してイエスは、「わたしの羊を飼いなさい」「わたしの羊を牧しなさい」「わたしの羊を飼いなさい」と新たな使命が語られています。ペテロは、イエスを否認する失敗を犯して、故郷で漁師としての暮らしに戻ろうとしていましたが、そこで復活の主と出会い、愛が問われ、「あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」と素直に愛の無い自分を主に委ねた時に、「わたしの羊を飼いなさい」と、ペテロは再び主のしもべとしての働きに召されたのです。

3)主の僕シモン・ペテロの死

イエスはペテロに、新たな使命を告げた後、彼がどのような死に方をするかを語ります。ペテロが恐らくローマ皇帝ネロの迫害の下で殉教したと考えられますが、実際の殉教に至る過程ははっきりしていません。しかし、皇帝ネロのキリスト教への迫害を主題に、ヘンリク・シェンキェヴィチという作家が、「クォ・ヴァディス」という小説を書きました。この小説の中でペテロの殉教に至ることが記されていまので、あくまでも物語ですが紹介したいと思います。

西暦64年にローマの町を襲った大火事を、時の皇帝ネロはクリスチャンの仕業と断定して、教会とクリスチャンに対する迫害を始めます。迫害の勢いは日に日に大きくなり、この時にローマにいたペテロの身を案じた他の弟子は、密かにペテロをローマの町から脱出させます。夜の闇にまぎれてローマの町を後にしたペテロは、南に向かうアッピア街道を歩いてゆきまが、間もなく夜が明けるという時、向こうから歩いてくるイエスと出会うのです。驚いて跪いたペテロは、「主よ。どこにおいでになるのですか(ドミネ・クォ・ヴァディス)。」と尋ねます。これを聞いたイエスも答えは「お前が私の羊を見捨てるならば、私は再びローマへ行き、再び十字架にかかろう」というものでした。この言葉に撃たれたペテロは、我に返り、ローマに引き返して殉教の道を選ぶのです。

4)終わりに

ペテロが辿った道は、私たちが辿る道でもあるでしょう。主イエスの傍らにありながら、度々失敗し、自分を見失い、行き詰まる弱いペテロ。しかし、主の恵みと愛に支えられて、彼は神の栄光を表わす者として生涯を全うしました。たとえ死が私たちの地上の生涯の終わりを告げたとしても。主の愛は何も変わらないのです。ペテロを召された主が彼に求めたただ一つの問い、「あなたはわたしを愛しますか」。この問いかけを私たちも真剣に受けとめて、何時でも主の愛に問われて生きる、そんな歩みが出来ればと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA