教会案内

ごあいさつ

レインボーチャペル港北 公式ウェブサイトへようこそ!


レインボーチャペル港北は「礼拝」を大切にする教会です。神を礼拝することこそ、神に造られた人間にとって最も大切なことであり、私たちを愛して下さる神の祝福です。また、すべての人(男・女・大人・子供・民族)を神は礼拝に招いておられると私たちは信じています。そのことから、まずは大人と子供が一緒に礼拝ができる教会を目指しています。大人にとっては騒がしく思われることもありますが、礼拝を通して神の祝福をしっかりと子供たちに手渡してゆくことを願っています。


イエス・キリストは言われました。
「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、入ることはできません。」
(新約聖書マルコの福音書10章14~15節)


小さなお子さんをもつ父さんもお母さんも、ご遠慮なく家族でお越しください。
牧師 海老名 浩

レインボーチャペル港北の歴史

レインボーチャペル港北は、1997年にスイス人のウエスト宣教師とそのご家族によって始められました。その後、ウエスト宣教師ご家族の帰国に伴い、棚橋信之牧師にバトンが引き継がれ、2010年から2015年3月まで金善州牧師が、そして2015年4月からは海老名浩牧師が教会の牧会をしています。


1997.4
ウエスト宣教師ご家族が港北ニュータウンにて伝道を開始
1998.4.19
レインボーチャペル港北設立
1999.6
日本同盟基督教団に加入
2000.5
会堂開所式(江田駅近く)
2002.6.9
棚橋牧師就任式
2002.7
ウエスト宣教師ご家族が帰国
2003.3.16
棚橋牧師宅で礼拝開始
2006.6.11
会堂を荏田南に移転
2008.4.6
創立10周年記念礼拝
2010.4.4
金善州牧師就任
2015.4
海老名浩牧師が就任

日本同盟キリスト(基督)教団について

レインボーチャペル港北は日本同盟キリスト教団に属するプロテスタント教会です。この教団は、1891年にスカンジナビア・アライアンス・ミッションから派遣された15名の宣教師の活動によって開始されました。日本における宣教の使命に歩んだ宣教師たちは、キリストの福音が伝えられておらず、他の宣教師が行かないような場所の中でも、特に飛騨地方や伊豆諸島などを目指し伝道をしたと言われています。このような信仰を受け継ぐ日本同盟キリスト教団の第一の特徴は宣教協力であり、また聖書の教えを最も大切にする教会の集まりです。


⇒ 日本同盟キリスト(基督)教団・ホームページ

牧師紹介

1967年
埼玉県越谷市に生まれ。
高校卒業後、専門学校で写真を学び、中学校や高校の卒業アルバム作成の仕事を続ける傍ら作品作りを続けるも、専門学校時代の同級生に誘われイベント制作会社設立に参加。
この会社では主に舞台照明を担当し、コンサートや芝居の現場での働きにたずさわる。
1990年
同僚に誘われ日本同盟基督教団 市川福音キリスト教会に出席。
同年9月2日、イエス・キリストを信じる。
1991年
10月20日洗礼を受ける。
1993年
東京聖書学院入学。
1997年3月
同校卒業。
 
日本同盟基督教団総会にて補教師となり、清水聖書教会(静岡市清水区)の牧師に就任。
2001年
日本同盟基督教団総会にて正教師となる。
2004年
富士川教会(静岡県富士市)に転任。
2007年
浜名湖バイブルキャンプでの働きに関連して、台湾のキャンプ場を訪問。
 
この訪台により宣教師として台湾での働きへの思いが与えられる。
2009年
教団派遣宣教師として台湾での奉仕を開始。
2015年
3月台湾から帰国、4月からレインボーチャペル港北の牧師に就任。

主任牧師 海老名浩

このページの先頭へ